美味しんぼの裏に隠されたもの

最近話題になっている美味しんぼ。
福島の原発問題に触れている内容で物議を醸しだしています。

何かと最近のヤフーニュースやテレビのニュースでも話題になる美味しんぼですが、今回の原発問題が出るちょっと前にこんなニュースが出たことを覚えていますか?

「海原雄山と山岡士郎が和解」

この美味しんぼという漫画のバックボーンであって親子の仲の悪さが解消されたというニュースがヤフーのトップにニュースになったことは覚えている方もいらっしゃると思います。

実はこの後すぐに福島の原発問題でまた話題になりました。

これって何か変だと思いませんか?

美味しんぼはビッグコミックスピリッツという週刊誌に掲載されている漫画です。
この親子和解によって世間の注目を浴び、その後に福島の原発問題を題材にしたのです。

つまり、親子和解をさせ美味しんぼの注目度を高め、今回問題となっている福島の原発問題を多くの人に知ってもらいたかったという意図が見えてきませんか?

漫画のバックボーンであった親子の仲の悪さを解消させてまでも作者が伝えたかったことなのかどうかは分かりませんが、それだけ重みのある内容であることは間違いなさそうです。

それに、漫画の内容で県や国が介入したりと、今まで漫画の世界にはなかったことも起こっています。そして最近休載も発表されましたね。

前から決まっていた…と言いますが、
本当にそうなのでしょうか?

今後の美味しんぼと、美味しんぼの作者である雁屋哲(かりや てつ)氏にも注目ですね。
これからどんな展開を見せてくれるのか…。
福島の真実は…どうなのか?

世の中は隠されていることだらけなんでしょうね。
美味しんぼはそんな日本に一石を投じてくれたのかもしれませんね。