何かあった時のためにカードローンの契約をしておくべし

お金というのは曲者で入ってくるときはドーンと入ってくるときには入ってきますが、
入ってこない時には全く入ってきません。

そう残念なぐらいに・・・・

だからこそ万が一緊急にお金が必要な際にすぐ対処できるような施策を取っておく必要があるんです。

具体的に何をするかというとカードローンを予め契約しておくという事です。
一度カードローンを契約しておけば限度額の範囲内でいつでも借入が可能です。

なので急にキャッシュフローが厳しくなったとき、緊急の策としてカードローンを利用すれば資金がショートするというリスクを回避することが出来るのです。

カードローンは借金ですから申し込みをすることに躊躇する人もいるでしょうが、最悪のケースを考えると早めに入っておいた方が良いでしょう。

もちろん緊急な状態になった際でも今は便利な世の中なので即日融資を実施している業者もたくさんありますが、審査に落ちてしまったら意味がありません。

なので予めカードローンを作って緊急事態に備えるのが賢い選択肢と言えるでしょう。
カードローンでキャッシングをすることに対して抵抗感を抱くのは良いですが、ただの嫌悪感でそれを否定すると予想外の痛手を食らうことになります。

なので変な固定感点は捨ててカードローンに対して前向きなマインドを持つようにすると良いでしょう。