今最も熱い資産運用は何か?

年金が不安視され、将来に生活費をどうしようと考える中高年が多い中、注目されているのが資産運用です。日本の場合、銀行をほとんどの人が利用しているので、銀行は何もしなくてもお金が集まる仕組みになっています。それはとどのつまり、銀行にお金を預けていても金利が付かないという状況だということです。

お金を借りる時はものすごい金利を取るのに、お金を預けている時に支払ってくれる利息はすずめの涙ほどです。なんとも理不尽な金融システム…それが我が国、経済大国ニッポンです。

では、纏まったお金をどう活用すれば『資産運用』として有効活用出来るのでしょうか。

かつては不動産投資などが注目されていましたが、少子化が目に見えている今、将来的には人口の絶対数が減る訳ですからマンションなどは余ってしまう可能性があります。

これからの政策としては海外から人を流入しようと考えているようですが、それがうまくいかなければ不動産投資はやはり失敗に終わると言えるでしょう。

そんなリスクのある資産運用ではますます将来が不安になってしまい本末転倒です。

そこで、個人的にお勧めなのが株です。

株も大きく投資をすればリスクとなってしまいますが、少額を多くに分けて、様々な有望企業の株を買う。たったこれだけでリスク分散にもなります。更に、株主優待などの特典も受けることが出来ます。

コツは全ての資産を株で運用するのではなく、資産の何割かを株で運用するということ。
そして、その株を更に細かく分けて運用するということ。

これが今最も有効な資産運用の方法ではないでしょうか。

とは言っても、これはあくまで個人的な意見なので鵜呑みにはしないようご注意下さい。
どのように資産運用するか、まずは自分で考えてみることをお勧めします。