ダイエットのはじめの一歩

体重計に乗ってため息。

その度にダイエットしようと思っても中々うまくいかないものではありませんか?

ダイエットと一口に言ってもまず最初に何をすればいいのか分からない人もいるかもしれません。

そこで1年で約20キロのダイエットに成功した私がダイエットとして最初に行った

ダイエットの入り口についてお話させて頂ければと思います。

ダイエットと言えば、ただ単に体重を落とすことをイメージするかもしれませんが、

決してそれだけではないと思います。

ダイエットとは体型、体質の改善を行いつつ体重を落とすこと。

まずそれを念頭に置き、決して食べないだけの減量を行うことは止めましょう。

食べない減量は一時しのぎにはいいかもしれませんが、リバウンドの危険性が高く、また体型も貧弱なものになってしまいがちです。

ではまずダイエットの入り口として行うべきことはなにか?

それはズバリ「体質の改善」と言えます。

昔に比べて太りやすくなった…

そんな風に感じることはありませんか?

それは加齢や生活習慣による運動不足などの原因により体の質が落ちているからです。

ダイエットの入り口としてはこの体質改善から始めるのが最もいいと言えるでしょう。

体質を改善する。

それは体を痩せるための戦闘体勢を持っていくことです。

ダイエットと言われるとまずカロリー消費の激しい有酸素運動をイメージされる方もいるかもしれませんが、いきなり激しく動いても運動不足の体には筋肉痛が辛いばかりか、十分な効果が得られない場合もあります。

そこでまず前段階としての下地作りを行いましょう、ということです。

普段の生活でも起きていきなり動けと言われるよりもしっかり準備運動をしてからのほうが高いパフォーマンスを発揮できますよね?それと同じことが言えます。

では眠っている体をまず起こすためにはどうしたらいいか?

その最も簡単な方法は「歩く」ことです。

しかし、ただ歩くのではなく

歩く際には足のモモの裏を使うことを強く意識してください。

イメージとしてはモモの裏の筋肉をしっかり使って足を後ろへ送り出すようにして歩く。

そうすると自然と背筋が伸び、腹筋・背筋に力を入れながら歩くことができます。

それで無理なく体の中心の筋肉(体幹)を鍛えることができます。

入り口としてはたったこれだけ。

たったこれだけですが、普段まったく運動をしない人からすればいい運動に感じると思います。

これを最初は10分で構いません。

慣れてきたら30分程度を目安に行いましょう。

これを行っても全く辛くないなーと感じれば体が目覚めてきた合図。

毎日距離を伸ばしつつ行えばこれだけで少しづつ減量を行うこともできます。

また、さらなるダイエットを目指す方は食事やもう少し激しい運動を組み合わせたダイエットの次段階へと進む頃合かと思います。

短時間で劇的に痩せることはできませんが

痩せやすい体質になれると考えれば最初の入り口としてはとても簡単ではありませんか?

今回はダイエットのはじめの一歩についてお話させて頂きました。

これからダイエットを考える方の助けに少しでもなれれば幸いです。

脱毛を考えている方は大垣 銀座カラー

健康には緑黄色野菜を摂ること、糖質を控えることが重要!

健康は血液を見ればわかると言われています。血液検査をすればコレステロール値、血糖値、尿蛋白値など様々な値がわかるように、脳は血液を見て自分の健康状態を把握しているのです。
健康のために運動すると言うのは良いことですが、まずは食習慣の改善のを方が先です。食事を改善せずに無理な運動を取り入れても体が言うことを聞かずに続かなかったり、体を痛めてしまったりします。
食事に体の浄化作用の強い食べ物を取り入れることで、体の毒素が取り除かれ腸内環境が改善します。そうすると血液の流れが良くなり、食べたものが効率よく吸収されて体にエネルギーが満ちてきます。体にエネルギーが満ちることで運動など活動的なことをしたいという欲求が表れてきます。

朝起きたときに疲れを感じたり、やる気が起きないという時がありませんか?。それは年齢のせいだけではなく体に溜まった毒素のせいでもあるのです。
私たちは毎日排ガスや農薬や添加物等で体に毒素をため込んでいます。
この毒素が体が正常に機能することを妨げているのです。この毒素を排出するのに最も効果的な食べ物が緑黄色野菜です。緑黄色野菜の葉緑素は、山の水が森林できれいにされるのと同じように人間の体の毒素も浄化する力があります。
また、緑黄色野菜の食物繊維は腸内にとどまった便を排出する働きがあります。大腸に便が滞って腐敗することで毒素が血液を通って体中を巡り体を老化させます。

腸内環境整えることで血液はきれいになります。血液は体の健康を図るバロメーターで、体の疲れは血液の汚れに起因するのです。
私達はご飯やパンなどの糖質を好んで食べますが、これはあまり良くありません。昔は畑仕事などの肉体労働が中心でしたが、今はそれほど体を動かす仕事はありません。ですので、現代人は摂りすぎた糖質を使い切れず脂肪として蓄えることで肥満体質になってしまうのです。
また、摂りすぎた糖質はタンパク質と結合して糖化という現象を起こします。糖化とはタンパク質が茶色くなり、硬く変質することで体の老化を早めることです。ですので、ご飯やなどの糖質はできるだけ控えたほうが長く健康を維持することができます。

脱毛をしたい方はこちら⇒脱毛 赤羽

健康であるための健やかな心と体

46歳、女性です。よろしくお願いいたします。
健康な体、健やかな身体、すごく素敵で健康的なキレイを持っている方がいらっしゃいます。
健康な体を保つためには食事ももちろん大事ですが、いつも思っているのは睡眠です。
私の健康で一番大事に思っているのが、睡眠です。睡眠をきちんととり、朝日を浴びて起き、体を動かす。朝ごはんをおいしく食べる。しっかりと睡眠をとった次の日はとても気分も良く、顔色もいい、すごく健康的に動けるのです。
睡眠も質の良い睡眠とよく聞きますが、寝起きの爽快感が一番物語っていると思うのです。

睡眠をしっかりとることにより、寝ている間に、筋肉疲労や脳の中のストレスなどもリセットされ、人間はまた朝から元気に動くことができるのです。

人間が健康的に生きるというのは、健康は肉体、精神面、いろんな見方がありますが、心身ともに健康であり、健やかに生きているというのが健康にピッタリな言葉だと思っています。

健やかというのは赤ちゃんが生まれて、どんどん成長していく過程の中でも健やかにといいますし、結婚して、2人で仲良く暮らし健やかにということもあります。
健やかにというのは体も健康、心も健康、そして生き生きしているという大きなイメージがあり、生き生きと元気はつらつしていることを意味していると考えます。

生きていくうえで、大事なことを考えるとたくさん出てきますが、健康であるという大きな人間のテーマは昔からずっと同じような気もします。病気になってしまったらしょうがないですが、病気にならないように、日々の生活を毎日気を付けて生活しないといけないと思います。
良く寝て、よく食べて、よく笑い、そしてよく働く。基本の生活が人間にとっての健康な体作りと心づくりが基本となり、健やかに生きていける原本だと思います。

健康が当たり前だと思いがちですが、実際そうではなく、健康でいられる身体、心を持っているということはいろんなことに感謝をし、健やかに楽しい人生を送るということなのです。

太り過ぎてしまった場合はミスココというサプリメントを飲んでダイエットをしましょう!

日々の生活に取り入れてダイエットを効果的に行うことが可能です!
http://www.xn--cbk9eaw3qm632at6ud.jp/

汗をかいても痩せない理由は?

汗をかいても全然痩せない理由とは一体何でしょうか。

水を飲んですぐに体重が戻ってしまうのは脂肪燃焼がされてない原因がありますので、汗をかいて脂肪を燃焼させることがダイエットにつながります。汗をかいても痩せない理由は、脂肪が燃焼されていないからにつきます。

汗をかいていると一時的に痩せることはありますが、それは身体の水分が抜けただけなので、すぐに戻ってしまう場合には脂肪燃焼がされていないということになります。ダイエットのポイントは脂肪燃焼が大事です。

「汗をかけば痩せる」、そう思ってラップを身体に巻き付けて運動してみたり、サウナに長時間入って痩せようとしている方はダイエッターなら多いはずです。しかし、汗をかいたから痩せるというわけではありません。汗をかいた直後というのは、体内の水分が体外に放出されるため、体重が若干減少します。ですが、汗をかいても体脂肪が落ちているかどうかというのは関係がないので、「汗をかけば痩せる」わけではないのです。元々、汗は上がりすぎてしまった体温を一定に調整するために、体内の熱を体外に放出するために出ます。ただ、発汗のときに起こる放熱は、水分が蒸発する時の気化熱を利用していますから、エネルギーが消費されるわけではないのです。

食べ過ぎてしまったからといって、サウナで大量に汗をかいても痩せることには繋がりません。汗の成分はミネラルが微量に含まれた水分なので、脂肪は含まれておらず、汗をたくさんかいても脂肪が流れていくということは有り得ませんので、汗をかいて痩せるというのは難しく、いくら大量に汗をかいたところで筋肉量が明らかに少なく基礎代謝が低くては意味がありません。

それだけ痩せるのは簡単ではないですが、汗をかくことは健康にはとても良いことなので、運動などで軽く汗を流すことはおススメです。ただ単に汗をかいてもダイエットにはあまり効果的ではなく、水分を摂取することで戻ってしまいます。汗をかく運動を一定時間やることで脂肪燃焼してきます。ただ短期間でむくみを解消したい、もしくは体重を減らしたいという方には汗をかくことは効果的です。

肌の汚れを落とすのに対してオススメのアイテムがあります。

その名もエマルジョンリムーバー!

吹きかけただけで簡単に汚れをキレイに落としてくれるのでとても楽なんです。

エマルジョンリムーバーを使って肌を清潔に保ちましょう!

食事と美容

我が家の食卓は美容を意識した食事

食事と美容は切っても切れない関係にあるかもしれません。
美容は健康が損なわれるだけでも、そこから内蔵を痛めて、肌が荒れたりします。
特に便秘が顕著な例だと思います。。

また、最近は、活性酸素という物質が身体の中に蓄積されて、血行不良やリンパ液の流れをも悪くして、間接的な美容面で、問題があるとされているみたいです。
身体の酸化が進み、疲れやすくなりシワが目立つようになるとともに肌荒れが、ますますひどくなるということです。
我が家では、このようなことを少しでも軽くさせるために、食事に気をつけています。

まずは、便秘解消を意識することです。
家内や娘は便秘がひどい体質でした。
私も独身の頃は、肉類中心の食生活だったこともあってか、男性では珍しいほど、便秘症がひどかったのです。
それを意識して、毎朝、毎夕食卓に登る食事には必ず、野菜類のおかずが並ぶようになりました。
サラダ、野菜炒め、浅漬け、諸々です。

しかも、根菜類を中心とした料理がメインで肉類はサプ的な存在です。
焼肉をする時もあるのですが、必ず野菜と肉を一緒に食べるように意識している家族。
これがしばらく続くと、便秘が自然と治っていきました。

便秘が良くなると、肌荒れがなくなってくるので、家内と娘はとても肌の調子が良くなってきたと言っています。
もう一つの身体の酸化は、なかなか難しいのかもしれませんが、疲れにくいような物を食べることが言われています。
それには鉄分や亜鉛が含まれている食材がいいとされていますが、我が家の食卓で欠かすことのできない味噌汁の中で工夫しています。
しじみ、あさりを入れた味噌汁や味噌汁の具材に根菜類を入れています。

また、食事とは少し違うかもしれませんが、足りない栄養の補助として鉄分、亜鉛、ビタミンを多く含んでいるサプリメントも使うようになっています。

最近では、食事の時に飲む水も水素水にするようにしました。
これを飲むだけで酸化体質を変えることができるというからです。
劇的な変化は感じられませんが、このような食材、補助食品を使ってからも、私自身、疲れて見えていた顔が随分と変わって見えるようになってきます。

普段の食事では、簡単な惣菜やレトルト食品をペースに作る方が、とても楽だと言う家内でしたが、
自ら意識して食事を作る習慣が出てきて、健康と美容を常に考えたメニューに腐心しています。
そうなると、面白いもので、娘や息子も食事を作る時に手伝ってくれるようになっています。

肌を良くするためには、肌の汚れをしっかり落としていかなければいけません。
そのままにしておくと黒ずみが増えて悪くなっていく一方です。

スキンケアアイテムの「エマルジョンリムーバー」を使いましょう!
エマルジョンリムーバーは簡単に肌の根本からしっかり汚れを落としてくれるので
便利です。

皆さんも肌の汚れにお困りの方はぜひ一度お試しください。▼
http://www.simianoutingsociety.org/

貯金について

お金は働いてなくて収入源となるものがなければ、支出として出ていくばかりだと思いますが、そこで私が考えたのは出ていかないために、節約するということ。
節約といってもキチキチ細かくやることは私は向いていないので軽くやろうと思っています。
私が節約としてやっていることは、
①クーラーなど少しの時間外出するときはつけっぱなし。
②クーラーはつけたり消したりすることで電力を使うので、家族みんな同じ部屋で過ごす。
③湯船のお湯は捨てず洗濯機で使う。
④家族は続けてお風呂に入る。
⑤洗濯機はなるべく2日に1回のペースで回す。
⑥少しのお出かけのときは何日も同じズボンをはいて、洗濯を少なくする。
⑦テレビもつけたり消したりはせず、つけっぱなしでいる。
⑧電気はなるべく使っていないところは消す。
⑨欲しいものがあっても、すぐには買わずネットでその商品について調べたり時間を置いて本当にほしいか考える。
⑩外食はなるべくしない。しかし、少ししんどいときは外食ではなく、惣菜を買うなどして、安く抑えれるようにする。
⑪かばんなど、使わなくなった人のお下がりをもらう。
⑫子どもの服はsaleで来年用に買う。
⑬自分の服もありきたりな服にして来年用で、saleを買う。
などなど、まずはできる節約から頑張って、節約がいやになってしまえばなかなか難しいと思うのでたまに、ご褒美として、美味しい物を食べるとかご褒美にほしかったものを買うとかしてちょっとずつ貯金にまわせるようになってきました。しかし、まだまだ思っている金額には及ばないのでこれからもゆったりとのんびり節約を続けて、節約することが嫌になることもなく続けていけたらなぁ。と思います。これからたくさんお金を必要として、あればある程良いと思うのでしっかりと自分らしく旦那さんにもある程度我慢させないで楽しくできたらと思います。子どもたちにも続けていき無駄なく過ごしていけたらと思い、旦那さんにも伝えて意識してもらえるようにしたいです。
新しいiphone7、主人のスマホがだいぶ古くなってきたので購入しようと思います。防水になったり、カメラが高画質になったり(iPhone7カメラスペック)と、かなり進化したようなので。こういうたまの贅沢が、貯金を続けるコツだと思います。