キャッシングの審査は1回で通過するのがベスト

キャッシングの審査は無制限に受けられるわけではありません。
受けた回数に比例して、借りるのが難しくなるのです。
引越し、クルマ買取りなど、何かのサービスを利用するときは比較するのが基本ですが、お金を借りるときに関しては、むやみに審査を受けるのはいけません。
業者側からブラックのレッテルを貼られると、他の金融機関でも借りることができなくなります。
審査を受けることなく、WEB上で比較するだけなら問題ありませんが、たくさん申し込んで融資可能なところから1社選ぼう、という考えは通用しません。
キャッシングを比較するときは、比較対象がどれだけ多くてもかまいません。
しかし、申し込む金融機関は1社に絞るのが得策でしょう。
多くても3社を超えて申し込むことがないようにしてください。
4社目で借りるということは、昔であれば十分に可能でしたが、現在では非常に難しいです。
キャッシングというのは、貸付条件がよくなるほど、借りるためのハードルは高くなります。
銀行と比較して消費者金融が借りやすいと言われる理由は、利用者の幅を広くしているからです。
信販会社のローンは、消費者金融と同程度の条件となっていますが、一部ではVIPローンを用意しています。
これは高額年収・公務員といったVIPを対象としたローンであり、金利が通常よりもかなり低くなっています。
さらに年収700万円以上といった年収制限も設定しているのです。
自身の職業・年収が高ステイタスだと自負する方は、こうしたローンを利用するのも手でしょう。
どのキャッシングサービスが優れているのかわからない方はスピード融資【今すぐお金が必要・お金を借りたい方へ】を参考にしてみるとよいでしょう。

総量規制とローン

総量規制という単語をご存知でしょうか。

これは貸金業法に規定されている内容で年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ないという規定です。

なぜ3分の1までしかお金を借りることが出来ないのかと疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。

お金を借りたいと消費者が考え、金融業者がお金を貸したいと考えれば私的自治の観点からは問題なく貸付しても良いのではないかと考えるのが普通かもしれません。

確かにお互いが同意しているのだから契約自由の原則からすれば3分の1と規制をかける方がナンセンスといえるでしょう。

しかしながらお金の貸し借りには「債務者の保護」という強い要請が働きます。

対等な二者間による契約の場合には私的自治を完全に認めて良いと思うのですが、やはり貸し手と借り手では貸し手の力というか主導権が強すぎるので往々にして借り手が足下を見られる場合が多く、借り手が多重債務に陥る危険性って高いんですよね。

なので契約関係上弱者である消費者を多重債務に陥ることを防ごうとする目的から総量規制が規定されたんですね。

まぁ消費者保護の目的から規定されたものですが、実際にこの規定に引っかかりお金を借りることが出来ない人が闇金などの違法業者に手を出して悲惨な人生の末路をおくているケースもあるということを見逃してはいけません。

年収の3分の1といういかにも形式的な感じじゃなくもう少し柔軟でより実質的な消費者保護の規定が必要なんじゃないでしょうか。

そうなればお金借りたいと希望する方にとってローンが身近なものとなるでしょう。

ストリートスマートのための金融世界学入門を読み解く!

著者は、かつてロスチャイルドの対日投資アドバイザーをつとめたことのある元辣腕トレーダーです。1989年末、株価バブルの絶頂期、いかにロスチャイルドの持ち株全てを売り抜けるか。著者に課せられた、まさに一世一代のプロジェクトでした。その経緯は、まるでミステリー小説を読んでいるような緊張感と驚きに満ちたものです。当時の日経平均チャートの動きを改めて見せられて、「ああ、そうだったのか!」と、手品の種明かしをされたような気分を味わいました。

著者はこの本の中で、今までの経済常識や金融知識では捉えることのできない現代の世界経済と金融の仕組みを、分かり易く解き明かしてくれます。巨大化したヘッジファンドの存在、デリバティブ市場の拡大、そして「グローバル化」、「クロスマーケット化」、「エキゾチック化」した世界。20世紀の経済学理論は21世紀の世界経済には全く無力なのです。

著者は、読者に「明日の専門家」になるための処方を具体的に教示してくれます。①リスクマネーの存在を知る、②ヘッジファンドの本質を知る、③ヘッジファンドの動きを知る、そして最後に金融に絞った英語の勉強法。至れり尽くせりの親切振りです。

投資家に対する良心と誠意が感じられる著作です。元辣腕トレーダーならではの裏話や鋭い現状分析、中央銀行や安部政権に対する辛らつな評価、読者をして一気呵成に読ませる良書と言えるでしょう。

禁断の市場についての私なりの考察

一般の投資家にとって日々の勉強は欠かせないものでしょう。そこで、私が今までに読んだ投資関連の書籍の中で、お勧めしたいものをご紹介したいと思います。

「禁断の市場」――フラクタルでみるリスクとリターン(べノワ・B・マンデルブロ、リチャード・ハドソン 東洋経済新報社 2008年刊)

共同執筆の形をとっていますが、この本は天才数学者マンデルブロ博士のフラクタル理論を金融市場に応用させた画期的なものです。

先ず、「フラクタル」とは 何か。共同執筆者のハドソン氏の表現を借りれば、「ラテン語の『分解された』を意味する言葉を元にした造語です。細かい部分に分解しても、その部分一つひ とつがまた全体と同じ形をしている、そんな形です。」――これは株式市場に慣れ親しんでいる投資家にとっては、株式チャートの年足、月足、週足、日足、分 足といったものを思い浮かべれば容易に理解できるでしょう。

マンデルブロ博士は、そのフラクタル幾何学を金融市場に当てはめ、実際の金融価格の変動を分析しました。そして、「バブル」を生み出す市場の仕組みを定量 モデル化し、1972年にマルチフラクタル・モデルを発表しました。これは、当時の金融工学に対するアンチ・テーゼでした。しかし、今では広く受け入れら れています。

リーマン・ショック前に刊行された、この示唆に富んだ著作の第12章「禁断の金融10か条」を読むだけでも、非常に興味深いと思います。曰く、「経済を本 当に理解したいならば、本や講義には頼らないことです」、「現実のデータは、経済学の一般理論からはかけ離れています」等々、まさしく眼から鱗が落ちる思 いでした。残念ながらマンデルブロ博士は2010年に逝去されていますが、その理論は現在も色褪せることなく、輝きを放っています。

何かあった時のためにカードローンの契約をしておくべし

お金というのは曲者で入ってくるときはドーンと入ってくるときには入ってきますが、
入ってこない時には全く入ってきません。

そう残念なぐらいに・・・・

だからこそ万が一緊急にお金が必要な際にすぐ対処できるような施策を取っておく必要があるんです。

具体的に何をするかというとカードローンを予め契約しておくという事です。
一度カードローンを契約しておけば限度額の範囲内でいつでも借入が可能です。

なので急にキャッシュフローが厳しくなったとき、緊急の策としてカードローンを利用すれば資金がショートするというリスクを回避することが出来るのです。

カードローンは借金ですから申し込みをすることに躊躇する人もいるでしょうが、最悪のケースを考えると早めに入っておいた方が良いでしょう。

もちろん緊急な状態になった際でも今は便利な世の中なので即日融資を実施している業者もたくさんありますが、審査に落ちてしまったら意味がありません。

なので予めカードローンを作って緊急事態に備えるのが賢い選択肢と言えるでしょう。
カードローンでキャッシングをすることに対して抵抗感を抱くのは良いですが、ただの嫌悪感でそれを否定すると予想外の痛手を食らうことになります。

なので変な固定感点は捨ててカードローンに対して前向きなマインドを持つようにすると良いでしょう。

美味しんぼの裏に隠されたもの

最近話題になっている美味しんぼ。
福島の原発問題に触れている内容で物議を醸しだしています。

何かと最近のヤフーニュースやテレビのニュースでも話題になる美味しんぼですが、今回の原発問題が出るちょっと前にこんなニュースが出たことを覚えていますか?

「海原雄山と山岡士郎が和解」

この美味しんぼという漫画のバックボーンであって親子の仲の悪さが解消されたというニュースがヤフーのトップにニュースになったことは覚えている方もいらっしゃると思います。

実はこの後すぐに福島の原発問題でまた話題になりました。

これって何か変だと思いませんか?

美味しんぼはビッグコミックスピリッツという週刊誌に掲載されている漫画です。
この親子和解によって世間の注目を浴び、その後に福島の原発問題を題材にしたのです。

つまり、親子和解をさせ美味しんぼの注目度を高め、今回問題となっている福島の原発問題を多くの人に知ってもらいたかったという意図が見えてきませんか?

漫画のバックボーンであった親子の仲の悪さを解消させてまでも作者が伝えたかったことなのかどうかは分かりませんが、それだけ重みのある内容であることは間違いなさそうです。

それに、漫画の内容で県や国が介入したりと、今まで漫画の世界にはなかったことも起こっています。そして最近休載も発表されましたね。

前から決まっていた…と言いますが、
本当にそうなのでしょうか?

今後の美味しんぼと、美味しんぼの作者である雁屋哲(かりや てつ)氏にも注目ですね。
これからどんな展開を見せてくれるのか…。
福島の真実は…どうなのか?

世の中は隠されていることだらけなんでしょうね。
美味しんぼはそんな日本に一石を投じてくれたのかもしれませんね。

雀荘のように気軽に男臭くお金の話を…

このブログは雀荘のように気軽に、そして男臭くお金の話を語っていく場です。まぁ、語ると言っても私だけなのですが…。

どんな内容の話をしていくかと言うと、
世の中のお金に関する全般です。

お金持ちになりたい人とか、お金持ちの考え方とか、貧乏な人の生活とか、とにかくお金に関することを全般に書いてきたいと思っています。

こういったお金の話って男のロマンにも通じるところがあると思っています。男は夢を語り、女は現実を見る。

実際、夢を持っている女の人もいないことはないですが、やっぱりこういう話って男としていた方が楽しいですよね。

私は麻雀をするのですが、そんな麻雀好きが集うような雀荘をイメージし、男臭くお金の話を語っていけたらよいなと思っています。

私はこれまでお金に関する情報をたくさん見てきました。
その中には本当の話もあれば嘘の話もあります。

世の中全般で見てみれば嘘の話の方が圧倒的に多いです。

インターネットなどでお金に関する色々な情報がありますが、それはほとんど嘘と言っても過言ではないと思っています。

そもそも、儲け話を他人に教えるはずがありませんよね。
そういう話には必ず裏があるものです。

そういう話に引っかからないようにする方法や、真実の見極め方などお金についての話をとにかくとことん男臭くやっていこうと思っていますので、どうぞ末永く金融荘をお願い出来ればと思います。

人生には時として役満を上がれるような場合もあります。良い配牌の時に確実に上がる為にも、常に準備をしておかなければなりません。そういう糧に少しでもなれるようにこのブログが存在してくれれば本望です。

金融荘、いよいよ始まります。