何かあった時のためにカードローンの契約をしておくべし

お金というのは曲者で入ってくるときはドーンと入ってくるときには入ってきますが、
入ってこない時には全く入ってきません。

そう残念なぐらいに・・・・

だからこそ万が一緊急にお金が必要な際にすぐ対処できるような施策を取っておく必要があるんです。

具体的に何をするかというとカードローンを予め契約しておくという事です。
一度カードローンを契約しておけば限度額の範囲内でいつでも借入が可能です。

なので急にキャッシュフローが厳しくなったとき、緊急の策としてカードローンを利用すれば資金がショートするというリスクを回避することが出来るのです。

カードローンは借金ですから申し込みをすることに躊躇する人もいるでしょうが、最悪のケースを考えると早めに入っておいた方が良いでしょう。

おすすめの業者はキャッシングすぐにというサイトを参考にすると良いでしょう。
どのカードローンがどれくらいのスペックを持っているのかが分かりやすく説明されています。

もちろん緊急な状態になった際でも今は便利な世の中なので即日融資を実施している業者もたくさんありますが、審査に落ちてしまったら意味がありません。

なので予めカードローンを作って緊急事態に備えるのが賢い選択肢と言えるでしょう。
カードローンでキャッシングをすることに対して抵抗感を抱くのは良いですが、ただの嫌悪感でそれを否定すると予想外の痛手を食らうことになります。

なので変な固定感点は捨ててカードローンに対して前向きなマインドを持つようにすると良いでしょう。

美味しんぼの裏に隠されたもの

最近話題になっている美味しんぼ。
福島の原発問題に触れている内容で物議を醸しだしています。

何かと最近のヤフーニュースやテレビのニュースでも話題になる美味しんぼですが、今回の原発問題が出るちょっと前にこんなニュースが出たことを覚えていますか?

「海原雄山と山岡士郎が和解」

この美味しんぼという漫画のバックボーンであって親子の仲の悪さが解消されたというニュースがヤフーのトップにニュースになったことは覚えている方もいらっしゃると思います。

実はこの後すぐに福島の原発問題でまた話題になりました。

これって何か変だと思いませんか?

美味しんぼはビッグコミックスピリッツという週刊誌に掲載されている漫画です。
この親子和解によって世間の注目を浴び、その後に福島の原発問題を題材にしたのです。

つまり、親子和解をさせ美味しんぼの注目度を高め、今回問題となっている福島の原発問題を多くの人に知ってもらいたかったという意図が見えてきませんか?

漫画のバックボーンであった親子の仲の悪さを解消させてまでも作者が伝えたかったことなのかどうかは分かりませんが、それだけ重みのある内容であることは間違いなさそうです。

それに、漫画の内容で県や国が介入したりと、今まで漫画の世界にはなかったことも起こっています。そして最近休載も発表されましたね。

前から決まっていた…と言いますが、
本当にそうなのでしょうか?

今後の美味しんぼと、美味しんぼの作者である雁屋哲(かりや てつ)氏にも注目ですね。
これからどんな展開を見せてくれるのか…。
福島の真実は…どうなのか?

世の中は隠されていることだらけなんでしょうね。
美味しんぼはそんな日本に一石を投じてくれたのかもしれませんね。

雀荘のように気軽に男臭くお金の話を…

このブログは雀荘のように気軽に、そして男臭くお金の話を語っていく場です。まぁ、語ると言っても私だけなのですが…。

どんな内容の話をしていくかと言うと、
世の中のお金に関する全般です。

お金持ちになりたい人とか、お金持ちの考え方とか、貧乏な人の生活とか、とにかくお金に関することを全般に書いてきたいと思っています。

こういったお金の話って男のロマンにも通じるところがあると思っています。男は夢を語り、女は現実を見る。

実際、夢を持っている女の人もいないことはないですが、やっぱりこういう話って男としていた方が楽しいですよね。

私は麻雀をするのですが、そんな麻雀好きが集うような雀荘をイメージし、男臭くお金の話を語っていけたらよいなと思っています。

私はこれまでお金に関する情報をたくさん見てきました。
その中には本当の話もあれば嘘の話もあります。

世の中全般で見てみれば嘘の話の方が圧倒的に多いです。

インターネットなどでお金に関する色々な情報がありますが、それはほとんど嘘と言っても過言ではないと思っています。

そもそも、儲け話を他人に教えるはずがありませんよね。
そういう話には必ず裏があるものです。

そういう話に引っかからないようにする方法や、真実の見極め方などお金についての話をとにかくとことん男臭くやっていこうと思っていますので、どうぞ末永く金融荘をお願い出来ればと思います。

人生には時として役満を上がれるような場合もあります。良い配牌の時に確実に上がる為にも、常に準備をしておかなければなりません。そういう糧に少しでもなれるようにこのブログが存在してくれれば本望です。

金融荘、いよいよ始まります。